管理する立場になる

フリーランスで晩年まで働く

IT業界の最先端で働く人材というのは一般的には多忙となって寝る間も惜しんで働き、連日の残業や休日出勤にも堪えられる体力と精神力が必要とされます。システムエンジニアやプログラマといった業種がそういった激務をこなしているお陰でIT業界が成り立っているという実情があります。一方で、そういった仕事を担えるのは若いうちであり、歳をとるにつれて体力的に無理がきかなくなってきます。そのため、体力勝負の仕事よりも全体を見る力を養ってマネジメントを行う、プロジェクトリーダーの仕事を担うようにキャリアアップを行っていくことがIT業界で生き抜くために必要となっています。このプロジェクトリーダーの仕事は、企業勤めだけでなくフリーランスで担っている人も多くいます。(詳しくは・・・フリーエンジニアが語るプロジェクトリーダーの条件

そのマネジメント能力を生かしてフリーランスをする人も多く、企業からも高い需要があります。そのため、企業に赴いてプロジェクトリーダーを担うという方法は晩年まで働いていける道です。プロジェクトリーダーとしての仕事は、開発現場においてプログラマなどのスタッフをうまく取りまとめてプロジェクトをあるべき方向性に導いていくことであり、クライアントがいる場合にはクライアントとのやり取りも含めた全体的なマネジメントを行うことになります。様々な角度から物事を見なければならないという大変さはあるものの、残業や休日出勤が必要となるような忙しさはありません。これは、実際の開発の担い手が行ってきた仕事内容を理解して取りまとめることが中心的な仕事となるため、結果ありきで仕事ができるという側面が強い傾向があるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>